ブログのテンプレートを触りながら勉強中です。
表示がおかしいところがありますがご了承ください。
プロフィール
名前:りりぃ
誕生日:3月23日
職業:プログラマー
検索ボックス

<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最近の記事
最近のコメント
タグクラウド
カテゴリ
過去ログ

2014年06月03日

Coderetreat in K.I.T. を開催しました。

2014/05/31にCoderetreat in K.I.T.を開催しました。

前回、会社の5階でやってたCoderetreat in Fukuiに参加したんだけど、金沢工大の先生から「うちの学生に是非参加させたいイベントなので金沢で開けませんか?」と聞かれ、in Fukui のファシリテーターさんに聞いたら「会場とスポンサーさえ何とかできればできます」みたいなこと仰っていたので協力してくれそうな人に声かけてなんやかんやでいろんな人を巻き込んで人の力で工大で開催に至ったのでした(ひどい)。

今回の課題

今回のイベントは工大生向けということで課題を3つ用意してました。
(私は2つしかないと思っていましたが;)
  • やさしい:うるう年の計算
  • ふつう:コンウェイのライフゲーム
  • むずかしい:ボーリングスコア計算
一応全部やったかな。
ちなみに今回はほとんどナビゲーターやってました。
1セッション目:うるう年の計算(if文縛り)
うるう年の計算は下記条件を満たすとできるそうです。
  • 4で割り切れる年はうるう年
  • 100で割り切れる年はうるう年じゃない
  • 400で割り切れる年はうるう年
条件さえ書いてしまえば簡単にできるのですが、じゃあif文禁止したらどうなるの?と。
switch文で書いたのですが非常に苦しい出来になりました。
if文って偉大!
2セッション目:うるう年の計算
C言語を書ける1年生の男の子とペアに。
「C書けるの! Java興味ある? あるよね!? Cできるならできるよ!」と、半ば強引にJavaを書かせるいじわるなOG。
しかも私のパソコン、英字キーボードです。意地悪い。
クラスって何ですかから始まり、TDDを説明してテストはこんなにいいものなんだよ!布教していました。
最後には友達にユニットテストについて話せるくらいになってて若い子は呑み込みが早くてすごいなぁと感心したのでした。
メソッドは完成したけどプログラムが最後まで書けなかったのがちょっと心残り。
3、4セッション目:ライフゲーム
3セッション目は1年生のJava経験者とペアになりました。
TDDを教えてあげたんですが、「これを知ってたら卒業研究で仲間割れが起きなかったと思います!」と、 とても喜んでいました。
4セッション目の子はプロジェクトをやっている2年生で、彼はCで実装しているらしいんだけど、「まさにこういうものを探していました!」って言ってました。
教えたかった主なことは
  • ユニットテストを実装より先に書くことで、メソッドの仕様が明確に決まること
  • 少しずつ実装していくので混乱しにくく考えやすいこと
  • テストを書いた分だけ、メソッドの結果が保障されること
  • 後日自分で見る場合や他人が書いたコードを見る場合、テストがあると簡単に仕様を読み取れること
  • 機能拡張時に元の仕様を保障しつつ実装できること
などですね。
教えるって楽しい。
でもちょっと物足りない。
吸収したい。
5セッション目:ボーリングスコア計算
私のお世話になってた研究室の後輩とペアになりました。
彼はできる子で、前回の in Fukui にも来てくれた勉強熱心な子です。そしてPython使い。
今日ずっとJavaだったのでPythonでやってみることにしました。
・・・といっても文法とか何も知らないのでこうしたいっていうのを実装してもらったのですが;
メソッドの仕様だけ大まかに決めて、テストコードを書いて、それを通していく。
8つくらいテスト書いたらなんだかできた気になってしまいました。
たった15行で書けたスゲーって二人ではしゃいでいたら、 ファシリテーターさんに「10フレーム目、10, 5, 3にしたらどうなる?」と言われ、
テストを追記したらなんと失敗!!
さすがですわ・・・
Pythonってデバッグできるの!?って聞いたら今の環境じゃちょっと難しいですと。
標準出力(?)で値見ながらデバッグしようとしたけど、デバッグしにくい実装だったのでかなり苦しく、時間切れ。
とても楽しかったけどとても悔しかった!

まとめ

最初20人の定員だったんですが、とても好評でキャンセル待ちが定員の倍近くまでになり、枠を増やしたり、当日見学にいらっしゃった方までいたりでにぎやかなイベントとなりました。
大変好評だったので次回はもっとパワーアップしたイベントになりそうです。
(私、ファシリテーターデビューかも???)
今回参加してくださった方、協力してくださった皆さん、本当にありがとうございました!

ちなみにイベント中で紹介された本を呟いたら、
今までで一番リツイートとお気に入りが付いた気がします!
タグ:Coderetreat
posted by りりぃ at 23:01 | Comment(0) | イベント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: